BLOG

2018年11月22日

「軽さ」+「超撥水」=TUTUMU

ども、

 

ご無沙汰しております。

 

株式会社木和田正昭商店の

 

自称「一人販売事業部」

 

長島です。(笑)

 

さてさて、

 

KITTE丸の内店のblog二回目の登場です‼

 

さて今回は

 

弊社取り扱いブランド

 

TUTUMU

 

についてチョコっと説明させていただきます。

 

弊社では現在

2014年から

「ワンランク上のモノ創り」をコンセプトの

 

Craftsmanship

そして、同じく2014年よりライセンス契約している

 

TUTUMU

 

こちらは神戸を拠点に

 

「宝物をやさしくTUTUMU」をコンセプトに

活動されているブランドで

 

ほぼ全てのアイテムを弊社で生産しております。

 

ブランドコンセプト自体が毎日使う物ということもあり

 

天然素材の様なナイロン素材

 

それってどういうこと?

 

それは毎日使っていただきたいから

 

軽さもさることながら

撥水力のあるナイロン素材を採用しているんです。

 

やはり雨の日でも使いたいじゃないですか!

 

そのために革なども少しでも雨による

シミや色落ちが極力少ない革を採用しております。

 

まぁ~一般的な鞄は素材が撥水でも

最終的には縫い糸の箇所から水を吸ってしまうので

防水ではございませんからね‼

 

しかし、

 

TUTUMUでメインに採用してる

 

小松精練社の

 

KONBU-N

 

これはマジヤバいです(笑)

 

私もKONBUーN素材の

 

TUTUMU News paper tote

 

兎に角軽いのもさることながら

 

何年たっても変わらない撥水力‼

 

前に冗談で生地にお醤油を垂らしてみたのですが

染み込むどころか弾いてしまいました(笑)

 

その秘密が

 

一般的なナイロン素材と製法が違うところ‼

 

一般的なナイロン素材は表面に撥水処理をかけたり

 

後はスキーウエア等に使われる浸透圧防水生地

 

これは表面に撥水処理してる生地は

使用に伴い衣類等に擦れたりと

摩耗によりその撥水処理が取れてしまったり

 

浸透圧防水生地は生地というより

糸自体に撥水処理をかけているので

使用に対する折り目の歪みにに対して

水が染み込んできてしまうのですが

 

この生地は簡単に説明すると

織ったナイロン生地にしわ加工して

その生地の裏からさらに

アクリル樹脂を

 

染み込ませる加工

 

を施した生地なので

表面の摩擦や

 

織り目の歪みによる

生地への染み込みが少ない

 

つまり白い生地でも

 

汚れにくい

 

しかもこの生地にもう一つ秘密があって

一般的な鞄に比べて

鞄の芯材が少なく済むので

軽い

 

一般的な鞄は見えないところに

補強や生地に張りを持たせるために

様々な芯材を使うのですが

 

この生地は自立するほど生地自体に硬度があるので

極力補強材のみで鞄を構成しているので

軽いんです

 

話が長くなってしまいましたが

皆さんもKITTE丸の内店で

その軽さと独特の風合いを触ってみてください。

 

因みに何故生地の名前がKONBU-Nなのかは

 

使った方のみ分かります(笑)

The following two tabs change content below.

豊岡鞄KITTE丸の内店